お申し込み
お問い合わせ
常時SSL化によるSEO対策
All Pages on SSL
常時SSL化によるSEO対策
「HTTPSはSEOで有利」 GoogleがページランキングのアルゴリズムにSSL化を考慮すると公式発表
これまでSSLサーバ証明書は、個人情報の暗号化や、フィッシングサイト対策※1を目的とした使用がほとんどでした。
しかし、2014年8月7日に「Googleウェブマスター向け公式ブログ」にGoogleが発表したアルゴリズムの変更は今後のSEO対策に大きな影響を与えることになります。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html

なぜ、GoogleはSSL化されたウェブサイトを検索順位で優遇するのでしょう?
それは昨今のフィッシングサイト※1などのサイバー犯罪にも関係する「ウェブサイトの信頼性」が重要なテーマになります。
※1フィッシングサイトとは
有名なショッピングサイトや、銀行のインターネットバンキングサイトとそっくりな偽りのホームページを作り、その偽りのホームページに訪れた人から、クレジットカード情報や個人情報を盗むインターネット詐欺の一つです。
PAGETOP
ウェブサイトの信頼性
私たちは様々な情報をインターネットで取得しています。
しかし、それらの情報の確実性や信頼性を確認することは怠りがちです。インターネットが普及する前のほとんどの情報源は新聞や書籍でした。もちろん新聞や書籍で書かれていることは全て正しいと断定はできませんが、それらの情報の発信源を特定することはできます。
今は、誰でもホームページを簡単に作ることができます。ある一定のレベルの知識や技術があれば、有名なショッピングサイトや、銀行などのインターネットバンキングサイトとそっくりなホームページを作ることも可能です。
そのホームページが偽りではなく、実在する団体や個人が所有するものであるかを判断する方法が「SSLサーバ証明書」です。
ウェブサイトの信頼性
PAGETOP
なぜSSLサーバ証明書が実在性を証明できるのか?
デジトラストは、実在認証型ののSSLサーバ証明書です。
実在認証型とは、証明書を発行するための審査工程において、そのホームページの所有者が実際に実在している企業や個人であるかを信頼できる情報源※2を基に厳しく審査した上で発行される証明書のことです。
※2:信頼できる情報源とは
・企業の場合は、帝国データバンクの照会や登記簿謄本の確認
・個人の場合は運転免許証やパスポートなどの確認
PAGETOP
今後のSEO対策
SEOにおける重要な要素は、そのホームページの情報の有益性です。検索エンジンユーザーに対して価値ある情報のみを提供するために、ホームページのコンテンツを重要視する姿勢は今後も変えていかないでしょう。
しかし、Googleは、価値あるホームページの判断基準に新たに「安全性」というファクターを追加しました。それがSSL化されたホームページということです。
「Googleウェブマスター向け公式ブログ」に書かれている通り、
Googleウェブマスター向け公式ブログから抜粋
このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しませんが、これから長い期間をかけて強化していきます。全体的に見ると、このシグナルは良質なコンテンツであるといった、その他のシグナルほどウェイトは大きくありません。HTTPS は、優れたユーザー エクスペリエンスを生み出す多くの要素のうちの 1 つです。
SSL化されているか否かを検索ランキングに反映する割合は、現時点は1%未満という小さい割合ですが、今後その割合は高くなっていきます。長い目で見れば、SEO対策においてSSLサーバ証明書の導入は必須であると断言できます。
PAGETOP
安価なデジトラストはSEO対策でも有効
今回のGoogleの公式発表によるSEOアルゴリズムの変更は、多くのウェブサイト管理者の頭を悩ますことになっています。
それはSSLサーバ証明書の導入に伴う費用的な負担です。
ほとんどの実在認証型のSSLサーバ証明書の発行費用は、平均6万円/年になります。1社で複数のウェブサイトをもつ企業にとっては大きな費用負担となります。
しかし、デジトラストは、大手SSL証明書と同じ暗号技術(2048bit)で9,000円/年で主取得可能です。
実在認証型なので、証明書にお客様の会社名と住所が表示されます。
業界標準2048bit鍵長対応
PAGETOP
常時SSL化の流れ
FacebookやTwitterなどの海外サイトは既に常時SSL化に切り替えており、この流れは更に大きくなっていくでしょう。
海外だけではなく、日本国内においてもSSLは暗号化だけではなく、そのウェブサイトの信頼性を証明する一つの判断基準になることは明らかです。
常時SSL化の流れ
PAGETOP
お問い合わせフォームはこちら